教員紹介

梶川 裕矢 / Yuya Kajikawa

kajikawa-photo

学歴

1995.3 (平成7年)私立智辯学園和歌山高等学校卒業
1995.4 東京大学教養学部理科一類入学
1999.3 東京大学工学部化学システム工学科卒業
1999.4 (平成11年)東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻修士課程進学
2001.3 同課程 修了
2001.4 東京大学大学院工学系研究科化学システム工学専攻博士課程進学
2004.3 (平成16年)同課程 修了(博士(工学)号取得)

職歴

2003.4-2005.3 日本学術振興会特別研究員(DC2)
2005.4-2007.3 東京大学大学院工学系研究科助手
2007.4-2009.3 東京大学大学院工学系研究科助教
2009.4-2012.3 東京大学大学院工学系研究科特任講師
2012.4-2016.3 東京工業大学大学院イノベーションマネジメント研究科准教授
2016.4-2017.8 東京工業大学環境・社会理工学院准教授
2017.9-present 東京工業大学環境・社会理工学院教授


兼任・非常勤等

2006.4-2016.3 早稲田大学総合研究機構スポーツ産業研究所客員研究員(招聘研究員)
2009.4-2012.3 東京大学サステイナビリティ学連携研究機構協力教員
2009.8-2010.3 未来工学研究所「サービスサイエンス研究に係る俯瞰マップ作成研究」委員
2010.5-2012.3 科学技術振興機構低炭素社会戦略センター特任研究員
2011.4-2014.3 科学技術政策研究所「データ・情報基盤に関する専門委員会」委員
2012.4-2013.3 東京大学大学院工学系研究科客員研究員
2013.4-2014.3 東京大学政策ビジョン研究センター客員研究員(シニアリサーチャー)
2013.5-2014.3 経済産業省「CCSのあり方に向けた有識者懇談会」有識者
2013.9-2014.3 東京大学大学院工学系研究科技術経営戦略学専攻客員研究員
2014.1-2014.3 経済産業省「環境と経済研究会」委員
2013.6-present 科学技術振興機構「センター・オブ・イノベーションプログラム」構造化チーム委員
2013.7-2014.9 化学工学会「エネルギー高度利用検討委員会」委員
2014.1-2015.3 総務省「ICT街づくり推進会議 普及展開WG」委員
2014.4-present 名古屋大学イノベーション戦略室客員教授
2014.4-2015.3 名古屋大学来社会創造機構社会イノベーションデザイン学センター招へい教員
2014.8-present 資源エネルギー庁「総合資源エネルギー調査会」臨時委員
2014.9-present 化学工学会「次世代エネルギー社会検討委員会」委員
2014.10-2017.9 日本学術振興会「イノベーション創出に向けた計測分析プラットフォーム戦略の構築」
        専門委員会委員
2016.3-present 化学工学会「社会実装学創成研究会」副代表
2016.6-present 経済産業省「グローバル・ネットワーク協議会」グローバル・コーディネーター
2016.9-present 日本学術振興会「未来を創造するイノベーションサイエンスの創成」
        先導的研究開発委員会幹事
2017.1-present NEDO「エネルギー・環境新技術先導プログラム/ビッグデータ適応型の
        革新的検査評価技術の研究開発」推進委員会委員

教育実績

外部資金獲得実績
代表
  1. JST-RISTEX 科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム「政策過程におけるエビデンス記述・解釈に関する調査研究」、平成29年度-
  2. 科学研究費補助金 基盤研究(B)、「エネルギー供給に関する萌芽技術のコスト構造分析」、平成26-29年度
  3. JST-RISTEX 科学技術イノベーション政策のための科学 研究開発プログラム「イノベーション実現のための情報工学を用いたアクションリサーチ」、平成25 28年度
  4. 科学研究費補助金 挑戦的萌芽研究、「パテントプールにおける必須特許の要件分析と評価」、平成25-26年度
  5. JST-RISTEX 科学技術イノベーション政策のための科学 プロジェクト企画調査 「情報工学を用いた研究開発課題の設計支援手法の開発」、平成24年度
  6. NEDO産業技術研究助成事業、 「技術ロードマップ構築を支援する学術俯瞰の方法論の構築および学術俯瞰システムの開発」、平成21-23年度
  7. 科学研究費補助金 若手研究(B)、「引用ネットワーク分析におけるリンク形成手法に関する研究」、平成21-23年度
  8. 科学研究費補助金 若手研究(B)、 「ネットワーク分析を用いたマテリアル・イノベーションプロセスの解析」、 平成18-20年度
  9. 科学研究費補助金 特別研究員奨励費(DC2)、「CVD法による多結晶シリコン膜合成時における膜構造の制御」、平成15-16年度
分担
  1. JST 産学共創プラットフォーム共同研究推進プログラム「人と知能機械との協奏メカニズム解明と協奏価値に基づく新しい社会システムを構築するための基盤技術の創出」」(研究代表者:武田一哉、名古屋大学)、平成28-32年度
  2. NEDO水素利用等先導研究開発事業「トータルシステム導入シナリオ調査研究」(研究代表者:岡崎健、東京工業大学)、平成28-29年度
  3. JST CREST「構造理解に基づく大規模文献情報からの知識発見」(研究代表者:松本裕治、奈良先端科学技術大学院大学)、平成27年度
  4. JST CREST「分散協調型エネルギー管理システム構築のための理論及び基盤技術の創出と融合展開」(研究代表者:日高一義、東京工業大学)、平成26年度
  5. 科学研究費補助金 基盤研究(B)、「ビジネス・エコシステムの動作メカニズムの解明と設計・制御法の開発のための研究」(研究代表者:辻本将晴、東京工業大学)、平成26-29年度
  6. 科学研究費補助金 基盤研究(A)、「サービスイノベーションにおける科学的・工学的手法の役割と価値に関する基礎的研究」(研究代表者:日高一義、東京工業大学)、平成26-29年度
  7. NEDO「学術・産業技術俯瞰システム開発プロジェクト」(研究代表者:坂田一郎、東京大学)、平成25-27年度
  8. 科学研究費補助金特別研究促進費「近年成長が著しい国における学術政策、大学政策、学校教育を通じた人材育成政策に関する調査研究」(研究代表者:松本洋一郎、東京大学)、平成25年度
  9. “Analysis of industrial structure for promoting collaboration among regional cluster” General Research Fund (GRF), Research Grants Council (RGC), Hong Kong (PI: Naubahar Sharif, Hong Kong University of Science and Technology) 2013-2016
  10. 科学研究費補助金 基盤研究(B)、「サプライチェーンを設計するための情報工学手法の開発」(研究代表者:坂田一郎、東京大学)、平成24-26年度
  11. マイクロソフトリサーチCORE 連携研究プログラム「構造的関連性学習を用いた分野横断学術検索」(研究代表者:森純一郎、東京大学)、平成24年度
  12. 科学研究費補助金特別研究促進費「学術振興施策に資するための大学への投資効果等に関する調査研究」(研究代表者:徳永保、国立教育政策研究所)平成23-24年度
  13. 環境研究総合推進費「実装可能な技術による我が国の未来エネルギーシステムの構築」(研究代表者:加藤之貴)、平成23年度
  14. 地域科学技術振興事業委託費「知的クラスター創成事業(第II期)」、 「浜松イノベーション・マネジメントシステムの開発」(研究代表者:松島克守)、平成19-20年度
  15. 振興調整費 科学技術連携施策群の効果的・効率的な推進、「地域イノベーションの構造分析と施策効果(研究代表者:松島克守)」、平成17-19年度
  16. 科学研究費補助金 基盤研究(B)、 「夜間光衛星画像解析による地域クラスターと環境経済に関する研究」(研究代表者:松島克守)、平成16-17年度
その他
  1. 科学研究費補助金 外国人特別研究員 「地域クラスター間連携促進のための産業構造分析」、平成22-23年度(受入研究者)
  2. 東京大学AGS研究会研究助成、 「サステイナビリティに関する国際共同研究の構造分析」、平成22年度 (研究代表者)
  3. 東京大学AGS研究会研究助成、 「協調行動促進に向けたネットワーク・オブ・ネットワークスの構造分析」、平成21年度 (研究代表者)
受賞歴
  1. Technology Innovation Management Research Award from LAMOT(International Association for Management of Technology),2014
  2. 東工大挑戦的研究賞(学長特別賞)、梶川裕矢、「探索的計量書誌分析による研究開発マネジメント支援手法の開発と応用」、平成25年度
  3. Brad Hosler Outstanding Student Paper Award from PICMET (Portland International Center for Management of Engineering and Technology) Vitavin Ittipanuvat, Yuya Kajikawa, “Finding linkage between technology and social issue: A Literature Based Discovery approach”, 2012

 

 

 

(C)Copyright 2017 Kajikawa Laboratory all rights reserved.